ドラマ『ごくせん』1・2・3を1話~全話視聴できる動画配信まとめ!見放題・無料配信・料金についても

か行

この記事では、仲間由紀恵さん主演で2002年のシリーズ1を皮切りに2005年にシリーズ2、2008年にシリーズ3が放送されたドラマ『ごくせん』当時出演していた頃は若手だった出演陣も今やスターだったりとキャストが豪華すぎる事も話題です。

 

そんな、ドラマ『ごくせん』のシリーズ1・2・3の見逃し配信や無料動画の視聴方法についてお伝えしていきます!

 

『もう一度見たい!』『無料で見たい!』というリクエストも多いドラマかと思いますので、『ごくせん』の動画を『無料』・『安心』・『安全』に視聴できる方法をお伝えしていきますね!

 

 

今すぐ『ごくせん』の動画を視聴!

配信サービス 配信状況 無料期間

30日間無料
➤今すぐ見る

~30日以内の解約に違約金ナシ~
【第1話~最終話】全話レンタル中!!

 

【結論】ドラマ『ごくせん』を見るなら公式DVD宅配レンタルTSUTAYADISCASがおすすめ!

ドラマ『ごくせん』を無料で視聴する場合、やみくもに無料の動画サイトを探し回るよりは公式にドラマの視聴ができる仕組みを使うのがおすすめです!

 

一番の理由としては、公式であるゆえに以下の安心感があります!

 

見れる画質が高画質!!

1話~最終話まで配信中で見放題!!
最終話まで放送終了済の場合

心配なセキュリティ関連も公式という事で安心!!

 

配信されている動画配信サービスがいくつかある場合でも、視聴する為には課金が必要だったりすると無料では見られませんし、見放題の動画やその他のコンテンツの充実度を踏まえて動画配信サービスをおススメしたかったのですが、ドラマ『ごくせん』を見放題で配信している動画配信サービスを見つけるのがなかなか難しく、現時点で一番のおススメはTSUTAYADISCASの宅配DVDレンタルを利用するのがベストな方法です!

 

TSUTAYADISCASの宅配レンタルでは30日間の無料お試し期間でも旧作は借り放題対象なので、旧作であるドラマ『ごくせん』はちょうどいい事に借り放題の対象になっているのです!

 

今すぐ『ごくせん』の動画を視聴!
 レンタル中!
~30日以内の解約に違約金ナシ~

【第1話~最終話】全話レンタル中!!

 

ドラマ『ごくせん』の動画を配信しているサービスをチェック!

まずは、ドラマ『ごくせん』を視聴するにはどのような動画配信サービスがあるのか見てみましょう!

 

最近では、複数の動画配信サービスで配信されているケースも増えてきていますので、比較検討して自分に合った動画サービスを使いたいですよね!

 

以下は、ドラマ『ごくせん』を配信している動画サービスを実際に調べて表にしたものです。

 

※情報は2020年6月現在です。
※配信状況について
→見放題配信・または貰えるポイントで視聴可能
→レンタル配信・課金・条件付で視聴可能
→配信無し

動画配信サービス名 配信状況 月額料金 無料期間

2,417円

(税抜)

30日間

1,026円

(税込)

14日間

1,990円

(税別)

31日間

888円

(税別)

14日間

562円

(税別)

30日間

500円

(税込)

30日間

1,017円

(税込)

14日間
無料

 

2020年6月現在では、動画配信のサービスはHuluのみ(但し条件付き配信)、視聴する方法はTSUTAYADISCASの宅配DVDレンタルという結果になりました!

 

これだけたくさんの動画配信サービスがありながら、ドラマ『ごくせん』が見られる見放題動画が無いのは少しガッカリですね!

 

とは言うものの、TSUTAYADISCASサービスを使えば、ドラマ『ごくせん』シリーズを1・2・3と全てレンタルして視聴する事が可能です!

 

宅配DVDは最速翌日に届くという事なので、ほんとに少しだけ我慢すれば見られます!

 

1週間毎にしか放送されないテレビよりは断然早いですよ!

 

ドラマ『ごくせん』各動画配信サービスの調査結果

以下に各動画配信サービスで、『ごくせん』が配信されているのかを調べた結果を記載しております。

 

先ほどの配信されているのかについての表は以下の調査結果に基づいて作成しております。

 

※調査日は2020年6月4日現在となっておりますので、状況が変わっている場合もありますので詳しくは各動画配信サービスで最新の情報をご確認ください。

 

SUTAYADISCASで『ごくせん』は見れる?

TSUTAYADISCASで『ごくせん』が配信されているかの調査結果です!

 

【宅配レンタル】

【動画配信】

【出展】TSUTAYADISCASより

 

TSUTAYAのサービスでは宅配DVDレンタルでの提供はありましたが、動画配信サービスでの配信は確認できませんでした。

 

uluで『ごくせん』は見れる?

Huluで『ごくせん』が配信されているかの調査結果です!

 



【出展】Huluより

 

Huluの方では恐らく再放送の兼ね合いで見逃し配信で配信をスタートしたものと予想できますが、その為放送終了分が随時配信されるスタイルであると考えられます。

 

全話放送終了すれば、全話見放題となる可能性はありますが、2020年6月4日現在では全話無料でできる配信サービスではありませんでした。

 

ーNEXTで『ごくせん』は見れる?

U-NEXTで『ごくせん』が配信されているかの調査結果です!

 


【出展】U-NEXTより

 

18万本以上もの見放題配信をしているU-NEXTで『ごくせん』の動画配信がされていなかったのが意外でした。

 

ODで『ごくせん』は見れる?

FODで『ごくせん』が配信されているかの調査結果です!

 

【出展】FOD

 

さすがに放送局が違いましたのでFODでの配信は確認できませんでした。(苦笑)

 

ELASAで『ごくせん』は見れる?

TELASAで『ごくせん』が配信されているかの調査結果です!

 


【出展】TELASAより

 

TELASAでは配信がありませんでした。

 

こちらもメインのテレビ局の方が違うので致し方ないですね。

 

rimeVideoで『ごくせん』は見れる?

Amazon prime Videoで『ごくせん』が配信されているかの調査結果です!

 


【出展】PrimeVideoより

 

テレビ局が関係なさそうなPrimeVideoに期待しましたが、こちらも動画配信無しでした。

 

araviで『ごくせん』は見れる?

Paraviでで『ごくせん』が配信されているかの調査結果です!

 

【出展】Paravi

 

だいぶ前の作品なので配信されている動画サービスも多いのかなと思っていましたが、意外や意外ほほぼ全てと言っていいほど見放題という結果は得られませんでした。

 

Verで『ごくせん』は見れる?

それぞれの動画配信サービスでは、テレビ局の放送権等が絡んでいる場合もあってそもそも配信されていない作品等もあります。

 

ですが、TVerという動画配信サービスでは民法テレビ局で終結したコンテンツになっているので放送中の番組については見逃し配信という形で放送している事があります。

 

ドラマ『ごくせん』についても配信されているかどうか調べてみましたので結果を報告いたします。

 

【出展】TVer

 

今回、ドラマ『ごくせん』については地上波で再放送されるという事で、TVerの方でも見逃し配信が確認できました。。

 

ステイホームの影響で、相次いで過去作品が再放送される事が増えてきてますが、『ごくせん』もその影響ですね!

 

結構過去放送分で記憶に残ってるドラマ多いですね!

 

TVerでは、1話~全話見られるわけではありませんが、会員登録等煩わしい手続きは不要になりますので、見逃してしまった場合等は利用してもいいかもしれませんね!

 

但し、TVerについては最新話が放送されて1週間くらいが見逃し配信の期限である事がほとんどですので一気にまとめて見る事ができないというネックもあります。

 

あとは、ちょっとCMが多いので視聴中に何回か話が遮られてしまう事もあるので頭に入れておきましょう!

 

ドラマ『ごくせん』が視聴可能な動画配信サービス比較

実際に各動画配信サービスでドラマ『ごくせん』が視聴できるのか確認してみたところ、動画配信ではHulu、宅配DVDでTSUTAYADISCASが該当しましたがさらに詳しく動画配信サービス・レンタルを比較してみましょう!

 

以下、比較表になっております。

 

今回比較した動画配信サービスについてですが調査の結果見放題で配信されている事はなさそうでした!

 

動画サービス名 特長
・【レンタル】旧作借り放題(自宅でDVDレンタル可能)
・【レンタル】在庫あれば翌日には到着と速い
・【レンタル】新作もDVDレンタルで早期視聴
・【動画配信】見放題は旧作10,000本以上(新作は課金)
・Tポイントが貯まる
【無料期間】新作はレンタル対象外
V S
・6万本以上対象の動画が見放題(無料お試し期間も含む)
・海外ドラマの最新シリーズ等に強い
・Huluだけで配信されるオリジナルストーリーも豊富
・サポート体制の充実(1月1日以外は毎日対応)
・同時視聴不可
【無料期間】特になし
V S
・無料、会員登録など煩わしい作業無しで視聴できる
・動画配信中にもCMは流れる
・最新話放送終了後1週間はいつでも視聴可能
・公式サイトなので安心、安全
【無料期間】常に無料で使える。

 

TSUTAYADISCAS、Hulu、TVerの3つの動画配信サービスでの配信となっておりますが、全話見るとなると旧作借り放題→『ごくせん』は旧作という状況のTSUTAYADISCASに太刀打ちできないという事でTSUTAYADISCAS一択ではないでしょうか?

 

 

今すぐ『ごくせん』の動画を視聴!
 レンタル中!
~30日以内の解約に違約金ナシ~

【第1話~最終話】全話レンタル中!!

 

各動画配信サービスの登録方法&サービス概要について

比較検討してみて、気になる動画配信サービスが決まりましたら会員登録してみましょう!

 

登録方法を確認してみたい方は、関連記事もチェックしてみてくださいね!

 

TSUTAYADISCASについて

 

Huluについて

 

違法動画配信のサイトでドラマ『ごくせん』は視聴できるか?

実は、その他にも、会員登録無しで見る事ができる動画配信サイトとして、DailymotionやPandoraTVという誰でも利用できるものがあります!

 

公式動画配信サービスは個人情報の入力がありますので、個人情報を登録するのは抵抗がある・・・という方は会員登録無しで誰でも使えるという点では興味がわくかもしれません・・・

 

しかし、そのあたりの動画配信サイトで見る事ができる動画については、無許可で動画が配信されている可能性が高いのと動画そのものにコンピューターウイルスが仕込まれているリスク等もあるので注意が必要です!

 

ほとんどの方が、ウイルスソフトは入れているかとは思いますが、ヤバいサイトを開いたりするとブロックされるので一瞬ヒヤッとしますね。

 

 

 

そして実際に、被害にあっている方もいるという事は事実なのでウイルスソフト入れていたとしても注意が必要です。

 

 

そのようなリスクもある誰でも利用できる動画配信サービスは不特定多数の人が、動画をアップロードできますし、視聴する事ができます。

 

実際に、そのようなサイトでドラマ『ごくせん』が配信されているか確認してみました。

 

動画サービス 調査結果 動画視聴条件
誰でも検索した動画を視聴可能
誰でも検索した動画を視聴可能

 

現時点では、ドラマ『ごくせん』がDailymotionの方で何話か配信されていました。

 

悪い事は言わないので公式動画で見ましょう!

 

理由は続けてお伝えしていきます!

 

違法にアップロードされている動画を配信するサイトはおススメできない!

 

 

公式、非公式含め動画配信サイトはいくつかありますが、公式でないものは基本的には違法にアップロードされた動画という認識で間違いないでしょう。

 

例えば、先にあげましたDailymotionやPandoraTVに関しては誰でも視聴可能な反面誰でも動画をアップロードできてしまうものです。

 

中には、ドラマの動画を無許可でアップロードしてそれを視聴させているユーザーもいるという事です。

 

ネットに詳しくない人は、たまたま見つけた違法動画を『お!ラッキー』みたいな感覚で視聴してしまう場合もあります。

 

ですが、よく考えてほしいのが個人が許可をもらってドラマ等の動画を自由にアップロードできるなんていう事はまずありません!

 

間違って、違法にアップロードされた動画をダウンロードしてしまったりすると同じく違法扱いとされてしまいます!

 

知らなかったでは済まされないケースになる事もあります!

 

さらに、動画の中にコンピューターウイルスが仕込まれているケースもありますので場合によってはお使いのパソコン端末がウイルスに感染して使い物にならなくなったり・・という被害もあるかもしれません。

 

 

という具合で違法にアップロードされた動画がある可能性のある動画配信サイトについては百害あって一利なしという事で見たいドラマ等を見る場合は絶対に使わない方が身のためですね!

 

●違法アップロード動画の視聴・・・
著作権等に引っかかって違法の仲間入りの可能性有
●コンピューターウイルスへの感染・・・
パソコンが使い物にならなくなる可能性有 フィッシング詐欺で個人情報が抜かれる可能性有

 

メリットは無いと考えてください!

 

安心安全な方法で視聴する方法を選びましょう!

 

今すぐ『ごくせん』の動画を視聴!
 レンタル中!
~30日以内の解約に違約金ナシ~

【第1話~最終話】全話レンタル中!!

 

無料お試しサービスを活用しよう!

ここまで、ドラマ『ごくせん』を無料で視聴する方法をお伝えしてきましたが、いづれにしても初めて登録する場合だけが無料の対象なので注意が必要です!

 

なので一度でも登録したことある方はうっかりいきなり有料会員になってしまいます。

 

注意点さえ押さえていれば無料で利用する事は可能ですので、パソコンやスマートフォンのウイルス感染のリスク等も踏まえると断然公式動画配信サービスがお勧めです!

 

その為、初めて使うという場合はこの無料お試しサービスはお金をかけず、リスクも低く充実した本会員と同等のコンテンツを利用できるという点でかなり素晴らしいサービスと言えます!

 

今すぐ『ごくせん』の動画を視聴!
 レンタル中!
~30日以内の解約に違約金ナシ~

【第1話~最終話】全話レンタル中!!

 

ドラマ『ごくせん』をチェック!!

●ドラマ詳細

【シリーズ1】

『ごくせん』は、森本梢子による日本の漫画。集英社の漫画雑誌『YOU』で2000年から2007年2月まで連載された。極道の跡取り娘である主人公が男子高の学級担任となり、型破りな高校教師として活躍するコメディ。「ごくせん」とは「極道先生」の省略形である。連載終了後も何度か番外編が『YOU』や『別冊YOU』などに掲載されている。

日本テレビ製作で2002年以降テレビドラマ化(シリーズ3作、単発2作)され、2004年にアニメ化された。2009年7月にはテレビドラマ版の劇場用作品『ごくせん THE MOVIE』が公開された。

【出展】Wikipediaより

 

 

今すぐ『ごくせん』の動画を視聴!
 レンタル中!
~30日以内の解約に違約金ナシ~

【第1話~最終話】全話レンタル中!!
 

ドラマ『ごくせん』 ストーリー(あらすじ)

シリーズ1

▶Clickであらすじチェック

第1話

創立30周年を間近に控えた白金学院高校は、初めての女性教師の赴任に華やいだ空気が漂っていた。これまで、男子校であるこの学校には川嶋菊乃(中澤裕子)という保健室の先生はいたが、学科を担当する教師を、それも2人も迎えるのは今回が初めて。だが、女性教師の1人で、初めて教壇に立つ23歳の山口久美子(仲間由紀恵)が、校長の指示で、3年D組の担任になると聞いた教師たちは、揃って不安を口にした。3年D組は、問題児ばかりをかかえた最悪のクラスだったからだ。

いざという時にはすぐに逃げられるように、という保健室の先生・川嶋菊乃(中澤裕子)のアドバイスで、構内ではジャージを着用することになった久美子。その姿で教室に入ると、予想通り生徒たちの手荒い“歓迎”を受けた。言うことを聞かずに騒ぎまわるのはもちろん、紙クズや紙飛行機が、そして、三角定規まで飛んでくるのだ。

そんな不良グループのリーダーは、教師を殴って前の学校を退学になった沢田慎(松本潤)。この沢田の取り巻きに、内山(小栗旬)、南(石垣佑磨)、野田(成宮寛貴)、熊井(脇知弘)といった連中がいる。生徒の間では、ビビった久美子が明日から来ないのでは、との噂が早くも流れた。

実は、久美子には、学校関係者には絶対に明かせないある秘密があった。久美子の家は、泣く子も黙る任侠集団の『大江戸一家』。両親が亡くなったために祖父で、三代目の黒田龍一郎(宇津井健)に育てられた久美子は、組の四代目を継ぐ立場にある「お嬢」だったのだ。代紋が入った看板がある家には、若頭代理の若松(阿南健治)、若頭補佐の朝倉(金子賢)などの他に若い衆がズラリ。このことを知っているのは校長の白川(田山涼成)だけで、もちろんバレたら久美子が即クビになるのは確実であった。

久美子ともう一人の新任・藤山静香(伊東美咲)の歓迎会が終わって程なく、教頭の猿渡(生瀬勝久)が管理していた模擬試験の受講料50万円が入った集金袋が消える事件が起きた。猿渡は、3年D組の生徒の犯行だと決めつけて大騒ぎ。久美子は、猿渡が単なるカンで3年D組を疑っていると気付き、ホッと胸をなで下ろす。

そんな折、久美子は、通勤のバスの中で言葉を交わした爽やかな青年に一目惚れした。だが、チンピラに絡まれて、その青年に助けられた久美子は、相手が環六署の刑事・篠原智也(沢村一樹)だと知りガックリ。任侠一家のお嬢と刑事の恋が実るはずもなく、クラスのゴタゴタもあって、久美子はヤケ酒をあおった。

まもなく、集金袋が盗まれた一件は、意外な展開になった。なんと、似たような袋を持って繁華街をウロつく熊井を目撃したという人が現れ、熊井が犯人の可能性が高まったのだ。猿渡らの追及に対し、熊井はそれが自分の物入れで、古くなったので川に捨てた、と答える。熊井の言葉を信じたい久美子は、さっそく川で泥だらけになりながら、徹夜で証拠の袋探しを始めた。

だが、次の日の早朝、久美子の様子を見に来た熊井は、思わぬ事実を明かして――。

 

第2話

静香(伊東美咲)が計画した合コンに参加した久美子(仲間由紀恵)が、偶然、不良グループに襲われている南を助けた。一緒にいた篠原(沢村一樹)と柏木(坂田聡)が逃げる不良たちを追跡したが、補導に失敗。久美子が南を逃がしたため、白金学院の生徒が被害を受けたとの情報だけが、学校の職員室に届いた。

猿渡(生瀬勝久)は、今回も慎(松本潤)が他の生徒に襲わせたと疑うが、久美子は全く取り合わない。だが、まもなく、慎と顔にアザを作った南(石垣佑磨)の掴み合いが教師に見つかったことから、猿渡は慎に反省文を書くよう命じた。反省文を書かなければ、即退学。久美子は慎に書くよう勧めるが、慎は納得しなかった。

そんな中、久美子は、「慎は理由もなく喧嘩なんてしない」という熊井(脇知弘)の話を聞いた。熊井によると、慎が前の学校を退学になったのも、実は、友達を守るために暴れたのが原因だったようなのだ。久美子は、熊井が心配していることを慎に伝えるが、「教師は誰も信じねぇ」と、退学も覚悟している様子だった。

まもなく学校に、南が別の高校の不良に呼び出された、との知らせが入った。内山(小栗旬)の話によると、南が最近付き合っていた彼女が、どうやらその不良と二股をかけていたらしいのだ。彼が下っ端2,30人もいるグループのリーダーだと知った久美子は、内山、野田(成宮寛貴)、熊井ほかクラスの全員に、なぜ南と一緒に行かなかったのか、と訴えた。

「仲間を見捨てるな!」「ツルむんなら最後までツルめ!」――こう言い残した久美子は、一人で学校を飛び出し、南を捜し始めた。

やがて、久美子は、資材置き場で、フラフラになっている南を発見。さらに、その南を守るため、一人で相手グループに立ち向かっている慎を見つけて――。

 

第3話

学校の周辺で、お年寄りや女性を狙った連続ひったくり事件が発生。教頭の猿渡(生瀬勝久)らは、犯人が学院の生徒だったら久美子(仲間由紀恵)のクラスの生徒に違いない、と最初から3年D組に疑いの目を向ける。

そんな中、久美子は、事務員の話から、内山(小栗旬)が半期分の授業料を滞納している、と知った。内山は、父親が死亡したため、現在母親の内山さゆり(朝加真由美)と2人暮らし。さゆりは、生活費や内山の学費を稼ぐため、昼は食堂で夜も弁当工場で懸命に働いている。病気がちのさゆりが、息子の卒業を夢見て頑張っていると気付いた久美子は、出来るだけ力になろうと心に決めた。

被害者の話から、連続ひったくり犯が金髪だと判明。内山に似た似顔絵付きの手配ポスターが学校周辺に張り出された。久美子は、最近、学校を休みがちな内山が犯人らしい、との噂が流れていると知り、ビックリ。焦る久美子は、慎(松本潤)、熊井(脇知弘)、野田(成宮寛貴)、南(石垣佑磨)らが内山の無実を晴らそうと相談しているのを聞きつけ、自ら真犯人を捕まえる、と宣言。夜、慎らと一緒に学校周辺で張り込みを始めた。

その頃、病気がちのさゆりの体を心配した内山は、学校をあきらめ働こうと決意し、そのことをさゆりに伝えていた。さゆりが自分の卒業を夢見ていることは充分に承知していた。学校を辞めれば仲間とも会えなくなる。だが、心優しい内山は、体が弱い母親を働かせて、学校に行くことが出来なかったのだ。さゆりに自分の決意を告げた後、内山は、焦燥感もあって家を飛び出していた。

まもなく、イケイケ風の女に変装して囮捜査をしていた久美子が、別の女性を襲って逃げる途中のひったくり犯を取り押さえることに成功するが――。

 

第4話

中間考査が来週に迫ったある日、久美子(仲間由紀恵)に、静香(伊東美咲)が銀座のクラブでホステスをしているとの情報が入った。たまたまクラブに行ったてつ(金子賢)の話によると、静香は海外旅行の資金を貯めるため週2,3回バイトをしており、学校には絶対バレないとタカをくくっているらしい。最近、静香の遅刻が多いことを思い出した久美子は、気が気ではではない。

そんな折、職員室の猿渡(生瀬勝久)のパソコンに、ホステス姿の静香の画像が送信されてきた。これを見た猿渡は、ビックリして静香に詰め寄る。突然、自分の秘密が暴露された静香は、狼狽して何も反論できない。

この様子を見た久美子は、静香のことが大好きでデジカメで盛んに撮りまくっていた生徒の野田(成宮寛貴)のことを思い浮かべた。久美子の質問に対し、野田はあっさり自分がやったと白状しその理由を明かした。それによると、野田は小遣いで静香にプレゼントをしたのだが、静香はそれを捨ててしまったというのだ。久美子は、自業自得だと言い張る野田を殴り、野田のしたことが男として最低の行為だと諭した。

まもなく、ホステスのバイトの一件がPTAに知れ、静香を処分せよと、との声が高まった。緊急に開かれた職員会議で、猿渡は、静香のクビを主張。これを聞いた久美子は、静香が生徒に人気があり、生徒たちも楽しんで授業を受けていると、猿渡と真っ向から反対。その強硬な姿勢に業を煮やした猿渡は、久美子に思わぬ条件を出した。中間考査の英語の試験で、3年D組の生徒全員が30点以上取れば静香を処分しない、という内容だ。静香がクビになれば野田も責任を感じて退学する、と察した久美子はこの条件を飲み、すぐさま3Dの教室に向かった。中間考査まで、あと1週間。英語の問題は、猿渡自身が作成するらしい。

久美子の話を聞いた生徒たちは、尻込みした。30点は、この生徒達にとってはとてつもなく高いハードルなのだ。久美子は、2人を助けるため、放課後に自分が英語の補習をすると宣言。久美子の決意に奮起した生徒たちは必死で勉強をし始めた。

やがて、中間考査の日、生徒たちは、静香らの運命が掛かったテストに取り組むが――。

 

第5話

慎(松本潤)は、たまたま久美子(仲間由紀恵)の携帯を拾ったことから、久美子が四代目を襲名するかもしれない大江戸一家の“お嬢”だと知ってしまった。しかし、龍一郎(宇津井健)に「実家のことを黙っていて欲しい」と頼まれ、頭を下げられた慎は、久美子の頑張りぶりを見てきたこともあって、秘密を守ろうと心に決めた。

3年D組の教室では、お嬢さま学校・桃百合女子学院の生徒・森崎亜美に一目惚れした熊井(脇知弘)のことが話題になっていた。これを知った久美子は、先手必勝とばかりに、すぐにでも告白するよう熊井にアドバイス。熊井は、久美子に後押しされて学校帰りの亜美の前に立つが、そこに向井という亜美の彼がやって来て、見事失敗。久美子は、美形の向井がエリート高・神宮寺高校の生徒だと知り、勝ち目がなさそうな熊井を励ました。

しばらくして、学校の廊下で、3年D組の生徒が集団で別のクラスの生徒を殴る騒ぎが起きた。これを見つけた久美子は、喧嘩をするなら1対1でやれ、集団で暴力をふるうような卑怯な真似は許せない、と生徒たちを叱りつける。最近、繁華街で若者グループによるとみられる集団暴行事件が続発。白金学院の教師たちもパトロールに出ていた。久美子は、無抵抗の人間を集団で襲うそのやり方が、自分の生徒たちとダブって我慢できなかったのだ。だが、生徒たちは、まだ喧嘩と暴力の違いを理解できないようであった。

そんな折、熊井が、数人の神宮寺高校の生徒が、亜美と一緒だった向井を締め上げようと計画しているのを聞きつけた。例の集団暴行事件の犯人の中に神宮寺高校の生徒がいると聞いていた熊井は、亜美のことが心配になり、一人で救出に出かけてしまい――。

 

第6話

校内で行われるクラス対抗の球技大会の日が近づいてきた。勝負ごととあっては黙っていられない久美子(仲間由紀恵)は、優勝に向けて燃え上がる。試合は、サッカー、ソフトボール、卓球ダブルス、バスケットボールの4種目で、この総合成績で優勝が決まる。しかし、久美子からこの話を聞いた生徒たちは、ほとんど関心を示さない。しかも、3年D組には、生徒が26人しかいないため全種目にエントリーできず、優勝する見込みがないのだ。

だが、クラスに結城正人(ウエンツ瑛士)という不登校の生徒がいると知った久美子は、この生徒を何としても引っ張り出して全種目にエントリーし、優勝しようと考えた。結城の前の担任だった安藤(なべおさみ)の話によると、不登校の原因は2年生の時に受けたイジメ。さっそく結城の家に行った久美子は、とりあえず結城が元気でいることを知った。

久美子は選手の割り振りを作成した。サッカーが11人、ソフトボールが9人、卓球が2人。そして、結城は2年生の時同じクラスだった内山(小栗旬)、南(石垣佑磨)、野田(成宮寛貴)、熊井(脇知弘)と一緒にバスケットボールの選手にした。生徒達は、教頭の猿渡(生瀬勝久)に「ダメクラスの3年D組なんて勝てるわけが無い」と言われ発奮。久美子は、優勝めざして盛り上がる生徒達に、試合の日までに必ず結城を学校に連れてくると約束した。

3年C組担任・静香(伊東美咲)は刑事の篠原(沢村一樹)をコーチにつけた。それに納得が行かない久美子をみて、てつ(金子賢)が「久美子のまたいとこの知り合い」だと名乗ってバスケットのコーチになり、練習にも熱が入る中、南と熊井が久美子を呼び止めた。結城をイジメていたのは、実は自分達だったと告白したのだ。

その後ようやく結城と話ができた久美子は、試合に参加するよう説得した。南と熊井の告白があり、久美子は自分の生徒達が過去にイジメた側にいたと知るが、それよりも不登校の原因は結城の心の中にあると思った。一人っ子の結城は、イジメられたことを何でもかんでも人のせいにして、現実から逃げている――久美子はそうにらんのだ。

久美子は、子供のころイジメにあっていた自分の体験を明かし、夜の公園に結城を連れ出し、自分が子供の頃に受けたのと同じように、勇気と根性をつけるための特訓に挑んだ。

そして、大会当日を迎え――。

 

第7話

久美子(仲間由紀恵)が、学校の校門で慎を待っていた女子高生の妹・なつみ(市川由衣)と顔見知りになった。なつみの話によると、慎(松本潤)は現在、実家から離れて一人暮らし。慎と父親とは、何か折り合いが悪いらしい。

学校では、生徒たちの卒業後の進路を相談する三者面談が始まり、3年D組の生徒たちも親と久美子の前で、それぞれ自分の将来の希望を明かした。だが、その面談に慎の両親がどちらも来なかったことから、久美子は実家に連絡。慎が、前の学校での退学騒ぎの後、父親(西岡徳馬)と喧嘩をして家を出ていたと知った。父親は体面ばかりを大事にする人物らしく、慎は全く家に戻る気がないらしい。

まもなく、久美子は、なつみから慎に「家から逃げたい!」という連絡が入ったのがきっかけで、慎の両親、正太郎と今日子に会った。正太郎の職業は、学校には“公務員”と届けてあったが、なんと代議士。なつみが最近学校に行っていないと知った正太郎は怒り心頭で、慎がそそのかしたに違いないと決め付けていた。これを聞いた慎は、もちろん反論する。慎と正太郎の話は、空回りするばかりであった。

久美子は、「家から逃げたい!」と言っていたなつみに、慎が責任を感じていると知る。なつみは、慎が家を出てしまったため、親の期待を一身に背負うはめになり、それが重荷になっていたようなのだ。慎は、帰宅が遅いなつみを心配し「…あいつは俺が守る」と夜の町へ飛び出していった。

そんな中、久美子に、家に戻らないなつみがヤミ賭博の噂があるカジノクラブに行った、との連絡が入った。久美子は慌てて内山(小栗旬)、熊井(脇知弘)、南(石垣佑磨)らと問題のクラブに駆けつけた。だが、そこで見たのは、賭博の手入れでクラブに入った警官に捕まりパトカーに乗せられる慎の姿だった。

慎は学校にいられるのか? 事件の真相は? 父親との関係は?――。

 

第8話

菊乃(中澤裕子)が一泊二日の研修旅行に出発しようとした時、菊乃の7歳になる息子・裕太(小堀陽貴)が学校に現れた。菊乃の話によると、昨年、菊乃の夫が死亡したため、裕太は山梨に住む父方の祖父母と3人暮らし。この日は、裕太の学校が休みだったためわざわざ菊乃に会いにやってきたようなのだ。

途方にくれる菊乃に頼まれた久美子(仲間由紀恵)は、仕方なく裕太を一日だけ預かることになった。小さな客人を迎えた大江戸一家は、いつもと違う接待をすることになり慌てまくる。てつ(金子賢)やミノル(内山信二)に遊んでもらった裕太は、楽しい思い出を胸に眠りについた。

翌日、久美子が菊乃に裕太を引き渡して程なく、裕太の山梨の祖父母が学校に姿を見せた。どうやら、裕太は祖父母に黙って菊乃に会いにきたようなのだ。これを知った菊乃は、「逆上がりが出来るようになったら、会ってあげる」と言って、祖父母の車に乗った裕太を送り出す。だが、裕太との別れが余りにもアッサリしていたことから、生徒たちの間に菊乃の冷たさを非難する声が沸き上がった。

まもなく、その祖父母から学校に、裕太が急に姿を消したとの連絡が入った。菊乃、久美子はもちろん、3年D組の生徒たちも裕太の捜索を開始。久美子は、公園の鉄棒で懸命に逆上がりの練習をする裕太を見つけた。裕太は、逆上がりが出来るようになれば菊乃が会ってくれる、と本気で信じていたのだ。しかし、無事の連絡を受けた菊乃は、裕太に会いに行こうとはしない。

菊乃のかたくなな態度に秘められた事情とは?“母”の悲しい胸の内を知った久美子はどうするのか――。

 

第9話

白金学院のバレーボール部が全国大会に出場することになり、学内は応援ムード一色。校長の白川(田山涼成)や猿渡(生瀬勝久)は、学校の知名度が上がれば受験者数も増えるとニンマリ。久美子(仲間由紀恵)は、チアガールになって応援しようと静香(伊東美咲)と菊乃(中澤裕子)に持ちかけるがアッサリ断られてしまう。仕方なく久美子は、勝手に内山(小栗旬)を団長に任命し、野田(成宮寛貴)、南(石垣佑磨)、熊井(脇知弘)に声をかけ応援団を結成。団員の勧誘を開始した。

そんな折、校舎に掛かっていた応援の垂れ幕が、ズタズタに切り裂かれる事件が発生。久美子は、以前友達だった慎(松本潤)と内山の話から、犯人が黒崎(塚本高史)という白金の元生徒だと知った。

昨年バレーボール部が地区大会に勝ち進んだ時、当時部員だった黒崎は相手の学校の生徒を殴る、という暴力事件を起こした。本来なら、停学処分程度ですんだのだが、バレー部の顧問の岩本(甲本雅裕)は、大会への出場を優先し、黒崎を辞めさせたようなのだ。この先、黒崎が警察沙汰を起こすのではないかと心配する慎と内山。2人の思いを知った久美子は、なんとか力になってやろうと思った。

久美子は、岩本から、当時の詳しい事情を聞いた。それによると、黒崎の退学は、理事会やPTAの指示で強引に決まったとのこと。久美子は、黒崎を守ってやる勇気がなかったと反省する岩本に、とりあえず謝ってはどうかと勧める。黒崎の姿を偶然見かけた久美子は、バカな真似を止めるよう説得するが、岩本と学校への復讐を決意しているらしい黒崎は、全く聞く耳を持たなかった。

全国大会まであと3日と迫った日、今度は2人の部員が黒崎に殴られる騒ぎが発生。程なく、岩本の姿が見えなくなった。黒崎がチンピラ達と学校への殴りこみを計画している、と知った岩本は、一人で黒崎に謝りに行ったようなのだ。これに気付いた久美子は、慎と内山の姿が見えないこともあり、慌てて岩本の行方を捜して――。

 

第10話

一緒に飲みに行く約束をしていた皆がそれぞれ突然のキャンセル。偶然にも篠原(沢村一樹)と2人きりで出かけることになった久美子(仲間由紀恵)は有頂天!ところがその直後、篠原が女性と腕を組んで歩いている所を目撃してしまいショックを受けていた。

そんな折、猿渡の妻・さち子がお見合いの話を持ち込んできた。相手は、伊集院俊彦(樋口浩二)というエリート校・英翔学園高校の教師で、静香(伊東美咲)や菊乃(中澤裕子)もうらやむ東大卒の男前。「断られるに決まっている。」と猿渡や生徒にからかわれ、負けず嫌いの久美子は、お見合いを引き受けることに決めた。それを知ったてつ(金子賢)は、もしもお見合いが成功したら、久美子が大江戸一家を継ぐ可能性が無くなってしまうと気が気ではない。

ところが、アネさん風の着物姿で見合いの場に行った久美子を、伊集院はなぜか気に入ったらしいのだ。その後、久美子は猿渡に断りの意向を告げていたが、伊集院の強い希望で再び会うことになってしまった。伊集院と会った久美子は、エリート意識だけで白金学院を馬鹿にされ腹を立てていた。ちょうどそこへ、猿渡から、慎(松本潤)、内山(小栗旬)、南(石垣佑磨)、野田(成宮寛貴)、熊井(脇知弘)の5人が、万引きをしたとの連絡が携帯に入った。急いで伊集院に断りの意志を伝えた久美子は、慌てて学校に戻った。

学校に来ていた篠原の話によると、ゲームショップ店の店長に万引きの疑いをかけられた5人は口論の末揉み合いになり、相手を殴ってしまったようなのだ。店長は、商品が無事戻ったということで、被害届を出さないつもりだと言うが、5人の万引きの嫌疑は全く消えていないようであった。

慎らの話によると、ゲームショップの前を通りかかった際、店内から出てきて熊井にぶつかった英翔学園の生徒がゲームソフトを落とした、とのこと。猿渡が5人の犯行を追及する中、「生徒たちを信じる!」と言い切った久美子は、その濡れ衣を晴らそうと心に決めた。

 

第11話

慎(松本潤)、内山(小栗旬)、南(石垣佑磨)、野田(成宮寛貴)、熊井(脇知弘)の5人がたまたま手配中の連続強盗殺人犯を捕まえたことから、警察に表彰されることになった。マスコミのインタビューを一緒に受けた久美子(仲間由紀恵)は、5人から主役の座を奪って、熱っぽく教育論を語る。これがテレビや新聞で取り上げられて、久美子は熱血女性教師として有名になった。

まもなく、息子の活躍を知った熊井の父親・和雄(六平直政)が、感謝の気持ちを込めて、自分のラーメン店の餃子を職員室に差し入れ。これを見て恥かしくなった熊井は、校内で和雄と取っ組み合いの大喧嘩を始めた。久美子は、必死で止めに入るが、とばっちりでパンチを受け鼻血をタラリ。だが、熊井親子の喧嘩はまだ収まりそうになかった。

人気急上昇の久美子は、教育シンポジウムでのスピーチを頼まれたり、写真週刊誌の24時間密着取材を受けたりして大忙し。さすがに実家の大江戸一家のことは明かせないため、久美子は、編集者の立花(福本伸一)にプライベートの取材は拒否する。だが、このことで久美子の隠された顔に興味を抱いた立花は、しつこくその周辺を嗅ぎまわり始めた。

そんな折、久美子は熊井からの突然の電話で、その父・和雄の急死を知った。慌てて病院に駆けつけた久美子は、泣きはらす母親・雅子(須永千重)や弟妹のそばで呆然とたたずむ熊井を見つけ、精一杯慰めの言葉を掛ける。喧嘩をしながらも父親の背中を見て大きくなった熊井のショックは想像以上のようであった。

初七日が終わった日、久美子は学校を休みつづける熊井を心配して、実家の店を訪ねた。雅子の話によると、熊井は傷心のあまり自暴自棄になって家出。一家の大黒柱を亡くし、一人で店を切り盛りすることになった母親は、疲れ果てた様子だった。

まもなく、篠原(沢村一樹)の情報を元に捜し回った久美子は、チンピラに袋叩きになっている熊井を見つけた。ヤケになった熊井は、どうやらチンピラに喧嘩を吹っかけ、逆にやられたようなのだ。久美子に助けられた熊井は、何ひとつ親孝行ができなかったことをまだ悔やんでいる様子。そんな熊井を、久美子は有無を言わさず実家のラーメン屋に連れて行って――。

 

最終話

写真週刊誌に『任侠一家の四代目』というタイトルで、熊井(脇知弘)を助けるためにやったチンピラとの立ち回りの写真を掲載され、久美子(仲間由紀恵)はたちまち窮地に陥った。白金学院には、問い合わせの電話が殺到し、久美子は職員室で猿渡(生瀬勝久)や鷲尾(斉藤暁)の冷たい視線を浴びる。だが、久美子の救いは、3年D組の生徒たちの自分に対する態度が以前と全く変わらなかったことであった。

まもなく、騒ぎを聞きつけた学院理事長・猿渡憲太郎(平泉成)が、学校に駆けつけてきた。校長・白川(田山涼成)の話によると、理事長は教頭・猿渡の父親で、人一倍、白金学院の名誉や世間の評価を気にするタイプ。猿渡はこの理事長に頭が上がらないらしい。理事長は、久美子の顔を見るなり、世間に暴力教師のレッテルを貼られてしまった以上は辞めてもらうと告げ、自分から退職届を出すよう迫った。しかし、教師を辞めなくてはならないようなことをしたつもりのない久美子は、この理事長の話を拒否する。

そんな中、3年D組の生徒たちが、校門の前に集まった多数のマスコミと揉み合いになった。生徒たちの外見や言葉使いを見て、格好のターゲットとばかりカメラを向け、シャッターを切るマスコミ。問題の写真週刊誌の記者・立花(福本伸一)は、興奮する生徒たちをさらに煽るような言葉を浴びせかける。騒ぎはさらに大きくなり、これを見た理事長は、久美子を辞めさせる好機到来とばかり、ある条件を出した。3年D組の生徒全員の退学を臭わせた理事長は、久美子が辞表を出せば生徒たちの処分を取り消すと告げたのだ。

久美子は決心した。生徒たちを何としても守りたい、卒業させたい久美子は、教師を続けるという自分の夢をあきらめる道を選んだのだ。翌日、久美子は辞表を提出した。そのからくりの一部始終に気づいた生徒たちが必死に“辞めんなよ!”と叫ぶ中、白金学院を後にした――。

果たして、残された3年D組の生徒たちは?
静香(伊東美咲)、菊乃(中澤裕子)、猿渡らは?
そして、夢をあきらめた久美子の運命はどうなるのか?

久美子の数々の名シーン名ゼリフがギッシリ詰まった涙と感動の最終回!!

【出展】ごくせん公式サイト 
www.ntv.co.jp/gokusen1/static/story.html

シリーズ2 

▶Clickであらすじチェック

山口久美子(仲間由紀恵)は、勤めていた白金学院が閉校になった後、ひょんなことから、優秀な生徒が多いと評判の黒銀学院高校で再び教鞭をとる事になった。

久美子の教師復帰に、家には強面の家族たちが勢揃い。実は久美子は泣く子も黙る任侠集団、大江戸一家の三代目・黒田龍一郎(宇津井健)の孫娘。七歳の時、教師だった両親を事故で亡くし、その後、龍一郎に育てられた久美子のまわりは、任侠の世界に生きる男たちばかりだった。

登校初日、職員室に入った久美子は、なんと元白金学院教頭・猿渡五郎(生瀬勝久)が、黒銀学院の教頭になっていたのにビックリ。猿渡もまた、自分の手違いから久美子を呼んでしまった事で、自分に責任が及ぶ事を怖れ、久美子に家の事が絶対にバレないようクギを刺した。

理事長兼校長の黒川銀治(井上順)の指示で、久美子は、優秀な黒銀学院に最後に残った、落ちこぼれたちの吹き溜まり3年D組の担任になった。

任期は卒業までの3ヶ月、高校生活の思い出がひとつもないと言いきる殺伐とした生徒たちを目の当たりにした久美子は、全員揃って卒業させてやろうと決意する。

3年D組のリーダーは矢吹隼人(赤西仁)取り巻きに土屋光(速水もこみち)武田啓太(小池徹平)日向浩介(小出恵介)。生徒たちは教師を信用せず、また、あてにもしていない。もちろん女の久美子の言う事など聞くはずがなかった。

そんな中、久美子は、小田切竜(亀梨和也)と言う生徒が3学期から学校に来ていない事を知る。同僚の馬場正義(東幹久)や白鳥ひとみ(乙葉)に、小田切は中学時代から何度も暴力沙汰を起こし、どこの高校も入学を拒否したが、地元の有力者だった父親が理事長に泣きつき、高校卒業の資格は与えるが登校はさせない約束で黒銀に入学したのだと聞く。

久美子は生徒たちが口々に、裏切り者だと言う小田切を何としても登校させようと、顔写真を手に捜索、繁華街のクラブでバイトしている事を突き止め、小田切に、学校に来るよう説得するが…。

第2話
2005年1月12日放送

矢吹(赤西仁)と、再び登校するようになった小田切(亀梨和也)を仲直りさせれば、とりあえず3年D組がまとまると思った久美子(仲間由紀恵)は、馬場(東幹久)やひとみ(乙葉)らと様々なアイデアを考える。そんな久美子の動きを見て徐々に心を開くようになった武田(小池徹平)は、矢吹と小田切の対立の原因が以前からトラブルが続いている荒高との揉め事にあったことを明かした。

それによると、二学期の終わり、小田切、矢吹、土屋(速水もこみち)、日向(小出恵介)、武田の5人が、荒高の不良グループと決闘をすることになった。ところが、その直前、なぜか小田切が勝手に荒高側に詫びを入れ、決闘を中止にしてしまったらしいのだ。

翌朝、久美子は、猿渡(生瀬勝久)から、3Dの生徒が荒高の不良と喧嘩をしたとの連絡を受けた。土屋は、A組の生徒が荒高の不良に絡まれていたから助けた、と胸を張るが、久美子は注意する。そのやりとりで腹を立てた矢吹は、久美子に一対一の決闘を申し込んだ。矢吹は、もし自分が勝ったら今後一切自分たちに指図するな、と言うのだ。

放課後、久美子は、見物の生徒たちをまいて、矢吹の申し出を受けることになった。

次の日、3Dの教室は、生徒数名が荒高の不良に袋叩きに合ったとのことで、騒然としていた。口々に仕返しを叫ぶ生徒たちの声を聞いた猿渡は、喧嘩をしたら直ちに退学させる、と警告する。これを聞いた生徒たちの怒りの矛先は、荒高との揉め事のきっかけを作った小田切に向いた。

この様子を見て罪悪感に捕われた武田は、ついに小田切が裏切り者と呼ばれるようになった揉め事の真相を明かした。それを廊下で聞いていた矢吹は、急に姿を消して――。

第3話
2005年1月29日放送

小田切(亀梨和也)と矢吹(赤西仁)を名乗る何者かが暴れ回ったのが原因で、黒銀学院に対立する他校の生徒たちが多数押しかけ、口々に「小田切と矢吹を出せ!」と叫ぶ騒ぎが起きた。久美子(仲間由紀恵)は、この生徒たちを気迫で退散させた。

当の小田切と矢吹から直接話を聞いた久美子は、「何もしていない」という2人の言うことを信じ、何としても真相を突き止めようと思った。

まもなく、3Dの生徒たちは、小田切や矢吹の無実を証明するために、似顔絵を作って犯人捜しを始めた。所轄の刑事・鬼島(高杉亘)は、最近、若者グループによる事務所荒らしやひったくりが頻発している、と久美子に話す。

翌日、久美子は、学院にやってきた鬼島から、小田切と矢吹が窃盗の容疑で逮捕されたことを告げられた。事件の現場となったのは、学院近くのブティック。店内で、小田切の学生証が見つかり、防犯カメラに黒銀学院の制服を着た2人組が写っていたのだ。この話を聞いた猿渡(生瀬勝久)は、退学処分もありうると顔を曇らす。

そんな中、久美子は、土屋(速水もこみち)や武田(小池徹平)から、工藤(小林且弥)という人物のことを聞いた。昨年まで黒銀学院に在籍していた工藤は、卒業間際に事件を起こして退学処分を受けた男なのだ。前夜、小田切や矢吹と一緒にいた土屋らは、工藤が率いる不良グループに呼び止められた。その際工藤は、小田切に自分たちのグループに入るよう迫った、というのだ。

この話を聞いた久美子は、事件が全て工藤のグループの仕業だと察知。3Dの生徒たちとその居場所を突き止めた久美子は、1人でそこに乗り込んで―。

第4話
2005年2月5日放送

黒銀学院の4月からの男女共学化が決定し、中学3年生の女子を対象にした見学会が行われることになった。話を聞いた3年D組の生徒たちは、可愛い後輩女子高生をいっぱい集めようと大張り切り。当日、生徒たちは猿渡(生瀬勝久)から「教室から外出禁止」の指示を与えられてしまう。しかし、3Dの生徒たちがそれを守るはずはなかった。

そんな中、土屋(速水もこみち)は、女子中学生の引率教師としてやってきた中学時代の担任教師の石川(山崎一)と再会した。かつて土屋を目の敵にしていた石川は、相変わらず口うるさく、土屋と一緒にいた小田切(亀梨和也)や矢吹(赤西仁)らまで説教する。そして、久美子(仲間由紀恵)の指導方法にまでケチを付けた石川は、黒銀学院は滑り止めだと言い残して帰ってしまった。

その夜、学校に呼び出された久美子は、土屋が思わぬ騒ぎを引き起こしたと知った。猿渡らと共に職員室にいた石川の話によると、土屋は、石川が昼間引率してきた宮崎菜緒(秋本未莉)とゲームセンターで遊んでいた、というのだ。名門女子高を狙う菜緒は、その時間、真面目に塾に行っているはず。石川は、土屋が強引に菜緒を連れ出して遊んだと決め付けた。そして、土屋があっさりこの事実を認めてしまったことから、退学処分が濃厚となった。

土屋の性格を知る久美子は、この騒ぎに何かウラがあると察知して聞き込みを開始。小田切や矢吹の証言から、土屋と一緒にいた菜緒が、嬉しそうに笑っていたことを突き止めた。だが、久美子の質問に、土屋は頑なに自分が悪いと言い張り、菜緒も沈黙を続けるばかり。

やがて、校長の黒川(井上順)が土屋の処分を決める日がやってきた。黒川の出した結論は、退学。これを聞いた久美子は、懸命に土屋を弁護し、処分の軽減を求めた。久美子の情熱を知った土屋も、学校に残りたいと本音を漏らすが――。

第5話
2005年2月12日放送

バレンタインデーが間近に迫る中、久美子(仲間由紀恵)は、武田(小池徹平)が桃ヶ丘女学園の生徒・水島真希(若槻千夏)に夢中になっていると知った。

真希は近くの喫茶店でバイトをしている芯の強いタイプの女の子。竜(亀梨和也)、隼人(赤西仁)と、なぜか久美子も一緒に喫茶店へ様子を見に行くことに。しかし、弱気な武田は自分では真希に近づけないため、土屋(速水もこみち)の助けをかり真希のタイプを聞き出すことに成功。しかし、その答えは『強い男』。真希の好みが、自分とは正反対の強い男だと知った武田はひどく落ち込んだ。

その頃、黒銀学院の職員室も恋の話題で盛り上っていた。運命の人と出会ったというひとみ(乙葉)。一方この話を聞いた久美子は、憧れの九條(谷原章介)を巡るライバルが一人減ったと知り喜ぶ。

まもなく、武田は、真希が奥寺(高杉瑞穂)という大学生とデートの約束をする現場を目撃。真希が好意を抱いていると知った武田は、土屋と日向(小出恵介)の助けを借り、ある作戦を決行するのだが、それがとんでもない結果を巻き起こし、武田は学校を飛び出していってしまう――。

第6話
2005年2月19日放送

3年の他のクラスで、大学合格や就職内定の知らせが続々と入る中、生徒たちの進路を心配した久美子(仲間由紀恵)が、3年D組の個別面談を行った。案の定、ほとんどの生徒の進路が未定で、久美子はため息ばかり。だが、唯一、日向(小出恵介)だけが見習いながらバーでの仕事が決まったと答えた。

そんな折、飲み会で、ひとみから恋の悩みを打ち明けられた久美子は、その意中の人がてつだと知りびっくり。たまたまその店にてつがいることに気付いた久美子は、自分とてつの関係がばれないようにするために一生懸命。

ところが、家に戻った久美子が、偶然の出会いから泥酔したミノル(内山信二)を助け、送り届けてくれた竜(亀梨和也)、隼人(赤西仁)と顔を合わせてしまう。あっさり2人に“大江戸一家三代目の孫娘”という正体を知られてしまい、教師の仕事を失う覚悟をする久美子だった。

翌日、クラスで出席をとった久美子は、最近金回りがいい日向が欠席していると知った。日向は、父親が単身赴任中のため、母親・治代(手塚理美)と2人暮らし。家を訪ねた久美子に治代は、日向がもう1週間も外泊を続けていると告げた。久美子は、前夜少々ヤバイ雰囲気の辰巳(小木茂光)という男に従っている日向を見かけていたこともあり、心配を募らせた。

翌日、竜らと話していた久美子の元に、治代から、日向がとあるバーに入っていったとの連絡が入った。治代は、どうやら一人で息子の行き先を調べたらしいのだ。だが、竜の話によると、そのバーは、以前から、違法とばくをやっているとの噂がある店。久美子たちは急いでそのバーへと向かった。

駆けつけた、久美子たちは、店の近くの地下駐車場でバーの店員らに殴られている日向とそれをかばう治代を発見。久美子は、2人を返すよう男たちに迫って――。

第7話
2005年2月26日放送

4月からの男女共学化を控え、新校舎建設の話題で盛り上がる黒銀学院職員室。しかし、理事長の黒川(井上順)と教頭の猿渡(生瀬勝久)から3月までの臨時雇用の久美子(仲間由紀恵)には関係のない話だと念を押されてしまう。

自分の職探しの必要に迫られる久美子だが、3年D組の生徒たちも卒業を控え、真剣に進路を考えなくてはならない時期。そんな中、久美子が問い合わせた会社から、生徒の面接を行うという連絡がはいり、土屋(速水もこみち)他4名の生徒が面接を受けることになった。そこで、久美子を相手に面接の練習を始めたが、まったく態度のなっていない生徒たち。それなら手本を見せようと、竜(亀梨和也)、隼人(赤西仁)らを面接官に久美子は模擬面接を行った。

一方、てつへの想いをつのらせるひとみは、久美子にせがんでてつの働くたこ焼きやを訪ね、うっとりとてつを見つめるのだった。

就職試験にやる気をみせてきた土屋。竜、隼人、武田(小池徹平)、日向(小出恵介)に見守られながら履歴書を書き上げ、準備万端。しかしそこで、対立する高校のリーダーとばったり出くわし、因縁をつけられる。隼人がカッとして手を出したことから、全員の殴り合いに発展。町行く会社員も巻き込み、大騒動となった。

翌日、土屋ほかの3D生徒たちが面接会場へいくと、なんと面接官の一人は昨晩の会社員。土屋の顔を一目見て、面接は全員取りやめになってしまった。会社側から連絡を受けた黒川と猿渡は、黒銀学院の体面を第一に考え、3年D組の生徒たちは今後一切就職活動をしないよう命令する。

しかし、久美子は、そんな言葉に逆らって、生徒たち全員の次に進む道を見つけた上で揃って卒業させると宣言し、軽はずみな行動でみんなに迷惑をかけたことを叱り、自分の行動に責任を持つよう話した。

他の生徒たちも就職や進学にやる気をみせつつあるのを見て、必死に就職先を探す久美子。全員の卒業と、次へ進む道を見つけて巣立っていくことを目標に、3Dの生徒たちに夢を託す久美子のもとに、ひとみから連絡がはいる。先日の高校生たちが竜たちに仕返しにやってきたらしいのだ。急いで駆けつけた久美子だったが――。

第8話
2005年3月5日放送

息子が大学受験をしていないと知った隼人(赤西仁)の父・矢吹博史(内藤剛志)が、突然、怒って学校に現れ、隼人と掴み合いになった。隼人は、博史、弟の拓(石黒英雄)の3人家族。高校を中退した博史は、その後、仕事探しで大変な思いをし、死んだ妻に苦労をかけた。そのため、隼人には是非進学してもらいたいと願っていたのだという。

たまたま、『熊井ラーメン』を手伝うことになった隼人は、死んだ父親に代わり、母親と幼い弟、妹を守って頑張る熊井(脇知弘)の生き方に感動。すすんで接客しながら見せる笑顔を初めて見た久美子は、隼人がこの店で何かを見つけるのではないか、と思った。

翌日、熊井の顔に殴られたような跡を見つけた久美子(仲間由紀恵)は、まもなく、その店に見知らぬ男たちが押しかけて来ていることに気付いた。事実関係を問いただすが、熊井は質問には答えず、うるさそうな顔をして立ち去ってしまった。だが、隼人から話を聞いた久美子は、熊井が大変な状況に直面していると知る。

実は、熊井は、悪質な地上げ屋に立ち退きを迫られ、家族の前で暴力まで振るわれていた。だが、卒業後まで久美子に世話を掛けまいと、わざと迷惑そうな素振りを見せていたのだ。熊井が、店と家族を守るため、一人で戦おうとしていることに気付いた久美子は、なんとか力になってやろうと心に決めた。

ところが、翌日、『熊井ラーメン』に行こうとした矢先、熊井の母・雅子(須永千重)から、急を告げる電話が入った。雅子がやってきた地上げ屋の脅しに恐れをなし、店の権利書を渡してしまったのだ。これを知った熊井は、地上げ屋の事務所に一人で向かったらしい。熊井の身が危ないと見た久美子は、怒り心頭で、その事務所に駆けつけて―。

第9話
2005年3月12日放送

憧れの桃ヶ丘女学園の生徒と“カラオケ合コン”していた3Dの生徒たちが、トイレで猿渡(生瀬勝久)とバッタリ。慌てた生徒たちが金を払わずに店を飛び出したことから、竜(亀梨和也)、隼人(赤西仁)、土屋(速水もこみち)、武田(小池徹平)、日向(小出恵介)の5人が警官に捕まってしまった。

連絡を受けた久美子(仲間由紀恵)が警察に駆けつけると、竜らはちょうど解放されるところ。署長らから話を聞いた久美子は、警察庁の高官である竜の父親・小田切信也(宅麻伸)が裏で動いたと知った。そして、信也は竜を車に乗せ、そのまま帰ってしまった。

翌日、理事長室に呼ばれた久美子は、黒川(井上順)と、そこに来ていた信也から、竜を2度と登校させないことを告げられた。学校で悪い友達と遊ぶようになってから、竜が反抗的になったという信也。黒川と猿渡は、卒業の資格を与えることを条件に、竜は登校もせず、卒業式にも出席しなくてよいという。

その夜、急に学校に呼び出された久美子は、隼人、土屋ら4人が思わぬことをしでかした、と知った。竜が家の中に閉じ込められていると考えた隼人ら4人は、救出するために小田切邸に無断で侵入。しかし、あえなく警備員に捕まり学校に連れてこられたのだ。しかし、竜だけは脱出に成功。

信也は、隼人らを住居侵入と暴力行為で訴えると息巻く。責任の所在を明らかにするよう信也に迫られた黒川は、4人を退学処分にする、と約束した。

必死で竜の姿を探す中、夜の繁華街でやけを起こしてケンカをする竜の姿を発見。竜に行く場所がないと知った久美子は、自分の家に来るよう勧める。

翌朝、久美子の実家のことを調べた信也と母親の百合子(長野里美)が、竜を引き取るためにやってきて―。

第10話
2005年3月19日放送(30分拡大)

卒業式まであと4日。教え子たちを立派に送り出そうと考える久美子(仲間由紀恵)は、式の練習などをやって最後の気合を入れ、3年D組の生徒たちも卒業へ向けて一丸となっていた。

そんな折、職員室に顔見知りの刑事・鬼島(高杉亘)が姿を見せ、以前逮捕した黒銀学院OB工藤(小林且弥)が警察の留置所から脱走した、と告げて注意を促した。鬼島の話によると、工藤は久美子や竜(亀梨和也)、隼人(赤西仁)ら5人を逆恨みしているとのことだった。

だが、教室に行った久美子は、その心配が現実となっていることを知る。前夜、生徒たちの何人かが、工藤のグループに袋叩きに遭ったのだ。工藤は、生徒たちに「無事に卒業できると思うなよ」と捨てゼリフを残したらしい。久美子は、工藤を見かけても絶対に相手にしないよう、竜ら5人、そして、生徒たちに念を押した。

その頃、竜らの元に、クラスの仲間が工藤のグループの人質になったとの連絡が入った。工藤の要求は、竜、隼人、土屋、武田、日向5人の呼び出し。

仲間を助けたい竜らは、他の生徒たちの協力を断わり、絶対に喧嘩をしないという久美子との約束を胸に、工藤らのグループが待っている廃屋へと向かった。

廃屋に到着した竜らは、待ちうけていた工藤のグループに殴る蹴るの乱暴を受ける。どんなに暴力を振るわれても、久美子との約束を守るため、竜らは決して抵抗しない。だが、居ても立っても居られず駆けつけた3Dの生徒たちが工藤らを止めようとしたことから、ついに両者の乱闘になってしまった。

この騒ぎが黒銀学院の不良グループの抗争と報道されたことから、黒川は、3年D組の生徒全員に退学を命じた。これを聞いた久美子は、自分の退職と引き換えに生徒たちを卒業させて欲しいと、黒川に頼んで―。

シーズン3 

▶Clickであらすじチェック

第1話
2008年4月19日放送

私立赤銅学院高校では、手のつけられないワルばかりを集めた3年D組に手を焼いていた。教頭を勤める猿渡五郎(生瀬勝久)は、理事長の赤城遼子(江波杏子)から3Dをうまくまとめるよう命ぜられるが、まったく歯が立たない。

そこで自分の立場が危ういと感じた猿渡は 「不良たちを黙らすことのできる教師を連れてくる」と宣言し、南の島へ向かった。かつて同じ高校で教師をしていた熱血教師、ヤンクミこと山口久美子(仲間由紀恵)を探すために――。

久美子は南の島から帰り、赤銅学院高校の教師として働くことになった。担任となった3年D組は、緒方大和(髙木雄也)、本城健吾(石黒英雄)、神谷俊輔(三浦翔平)と、風間廉(三浦春馬)、市村力哉(中間淳太)、倉木悟(桐山照史)の2つのグループが敵対していた。

教師たちの話によると、1、2年の時に別々のクラスの番長格だった大和と廉が、3年で同じクラスになったため対立するようになったらしい。教室でもケンカや衝突が絶えない生徒たちに久美子はこれまでの教え子たちとは違う何かを感じた。

そんな中、学校周辺で発生している連続強盗事件の容疑が廉にかかり、刑事が学校にやって来て――。

第2話
2008年4月26日放送

相変わらず3Dは、ケンカや衝突が絶えず、バラバラだった。久美子(仲間由紀恵)は「このクラスに必要なのは親睦と連帯感だ」と、生徒たちに“缶蹴り”をしようと持ちかけるが、もちろん、誰一人参加するものはいなかった。それどころか、大和(髙木雄也)グループと、廉(三浦春馬)グループの対立は激しくなるばかり――。

そんなある日、ついに、3D全員が見守る中、大和と廉がタイマンを張ることになった。その場に駆けつけた久美子は、タイマンを止めるどころか、「素手の喧嘩なら、止める必要ない」と、声援を送る。そんな久美子を不信に思う3D生徒たち。その時、警察が来ると情報が入り、全員で逃げ出した。

大和と廉に久美子は「なんで、タイマンを張るんだ?」「なんで、そんなに喧嘩がしたいんだ?」と意味のない争いをやめさせようとするが、二人とも「世の中、敵か味方しかいねぇ」「喧嘩しか一番になれるもんがねぇ」と話にならない。

翌日、再び対峙する大和と廉。互角に闘い、倒れ込んだ二人は、武器を手に立ち上がった。そこに久美子が現れ、昨日とは変わって喧嘩を止める。久美子は「自分のためだけに喧嘩しても意味がない」と説教するが、「きれい事ばっか言ってんじゃねぇ」と、二人は去って行ってしまった。

苛立ちがおさまらない大和は、街でぶつかったカラーギャングと殴り合いになる。あわててとめようとする本城(石黒英雄)と神谷(三浦翔平)だったが、気付くと三人はカラーギャングの仲間、10数人に囲まれていて――。

第3話
2008年5月3日放送

ある朝、久美子(仲間由紀恵)が登校すると、赤銅学院は来週開催する“クラス対抗春の球技大会”の練習で、猿渡(生瀬勝久)ら教師も生徒たちも盛り上がっていた。久美子はクラスをひとつにするために「この機を逃す手はない!」とはりきるが、3Dの生徒たちは口々に「だりぃ」「どうせ勝てないし」と、無気力で全くやる気がない。

放課後、市村(中間淳太)と倉木(桐山照史)は塾の前で、進学校・青芝高校の生徒とぶつかりそうになる。その生徒は市村の中学時代の友人、高杉(北条隆博)だった。実は市村も中学は青芝中学に通っていたが、途中で落ちこぼれてしまい高校には上がれなかったのだ。そんな市村に高杉は「お前らの将来は真っ暗」「住む世界が違う」とバカにした。カッとなった倉木が殴りかかろうとすると、それより一瞬早く、市村が高杉を殴りつけた。

久美子は市村に高杉を殴った理由を聞くが、市村は何も答えようとはしない。そんな市村に、猿渡は厳正な処分を検討しないといけないと言いはなち、市村も「学校やめようかな」と言い出す。必死で止める久美子だったが、3Dの生徒たちも、「自分たちの将来なんてたいしたものじゃない」「学校をやめても何もかわらない」と、あきらめムードが漂っていた。

その頃、赤銅学院の近くで、集団暴行事件が多発していた。またも3D生徒を疑う猿渡たちだったが、ある夜、3Dの吉田たち4人が、バンダナで顔を隠した7人組に突然襲われて――。

第4話
2008年5月10日放送

猿渡(生瀬勝久)ら赤銅学院高校の教師たちは、春の非行撲滅週間でパトロールをすることになった。久美子(仲間由紀恵)は、最近団結してきた3Dは「大丈夫です」と自信満々に言うが、3Dの連中は猿渡の予想通り、放課後の繁華街をうろついていた。

そんな中、突然、廉(三浦春馬)の姉・薫子(山田優)が学校にやって来る。両親を早くに亡くし、廉と二人暮らしの薫子は、昼は歯科助手、夜はクラブのホステスとして働いていた。薫子の話から、最近、廉が学校で禁止されているアルバイトをしていることが発覚する。すぐに止めさせるという薫子に対し、廉は「家を出てひとり暮らしをする。もうアネキの世話にはならない」と言い放つ。ちゃんと話しをしようとする薫子だったが、廉にその想いは届かなかった。

その夜、てつ(金子賢)から、廉がホストクラブに入っていくのを見たと聞いた久美子は、潜入捜査を決意し、葵(平山あや)、さくら(星野亜希)と、ホストクラブに行ってみる。しかし、久美子が店内で見つけたのは、廉と同じようにバイトをしようと来ていた、緒方大和(髙木雄也)たちだった。

思うようにいかず、苛立ちながら街をふらついていた廉は、非行撲滅のため見回り中の刑事・石原(近江谷太朗)と口論になり、力任せに石原を殴りつけた。知らせを聞いて駆けつけた久美子と薫子は、懸命に石原に謝るが、当の廉はまったく反省する様子がない。翌日、理事長の赤城(江波杏子)からも退学を覚悟するよう告げられた廉は――。

第5話
2008年5月17日放送

卒業後の進路相談の三者面談が始まった。だが、生徒たちは将来のことを全く考えてなく、しかも働くことを軽く考えていることを知り、久美子(仲間由紀恵)は頭が痛い。本城(石黒英雄)もその一人で、「たかが100円、200円で頭下げる商売なんかできるか!」と豆腐屋を営む父親・保(金田明夫)と三者面談の席でケンカを始めてしまう始末…。

翌朝、夏目(小泉孝太郎)から保が倒れて運び込まれたと連絡が入り、久美子と本城は慌てて病院に駆けつけた。保はしばらく入院することになり、本城は、家の戸棚にある金を銀行に入金するよう頼まれるが、実は、その中の一部をこっそり使い込んでしまっていて金が足りない。

困り果てた本城は、「店の支払いの金が足りないから」と嘘をつき、学校を休んでバイトを探し始める。それを聞いた大和(髙木雄也)ら3Dの生徒たちも、「本城のために、俺たちも働こうぜ!」と、全員でバイトをすることに。

しかし、そんなことを知らない本城は、安い時給では働く気にならず、バイトを見つけられずにいらだっていた。そんな時、中学時代の先輩・成田(進藤学)と偶然会う。「親父の金、使い込んじゃって」と相談する本城に、金貸し業をやっているという成田は、「かわいい後輩が困っているなら、貸してもいい」と言う。喜んだ本城は、軽い気持ちで金を借りるが――。

第6話
2008年5月24日放送

久美子(仲間由紀恵)の夏目(小泉孝太郎)を想う気持ちはつのるばかり。ところが、夏目のことはあきらめたと思っていた葵(平山あや)とさくら(星野亜希)が「結婚するなら夏目先生みたいなタイプでしょ」と未だにねらっているのを知って、久美子はあせる。

そんな中、3年D組は神谷(三浦翔平)がセッティングした合コン話で大盛り上がり。しかし、倉木(桐山照史)はうわの空でまったくのってこない。放課後、気になって尾行した緒方大和(髙木雄也)や廉(三浦春馬)たちは、夏目総合病院に入る倉木を目撃。倉木が入院患者らしき可愛い女のコと笑顔で話しているのを見つける。

実は倉木は1週間前、その女のコ・藤村早希(小嶋陽菜)と偶然出会い、一目惚れしたのだ。それから二人は仲良くなり、倉木は毎日のように見舞いに通っていた。「誰か好きになると、何があっても、相手のこと守ったる、いう気持ちになる」という倉木に、久美子は「いい恋してるじゃないか。お互いがんばろう!」と励ます。

ある日、早希から電話でデートに誘われた倉木は大喜びで出かけて行く。一方、3Dの生徒が挑んだ合コンは、散々たるものだった。同じ頃久美子も、夏目に映画に誘われて大喜びするが、映画館に向かう途中、夏目に病院から緊急の呼び出しが掛かり、初デートは中止になってしまう。実は、早希は無断で病院を抜け出していて、大騒ぎになっていたのだ。

そんな事とは知らない倉木。しかし早希はデート中に胸の苦しみを訴えて倒れてしまい――。

第7話
2008年5月31日放送

間近に迫った赤銅祭で職員室は大盛り上がり。しかし、3年D組だけ出し物が決まっておらず、久美子(仲間由紀恵)は猿渡(生瀬勝久)に「3Dは不参加にしますか」と言われてしまう。こうしちゃいられないとはりきる久美子だが、3Dの生徒たちはまったくやる気が無い。しかし、緒方大和(髙木雄也)の「文化祭なら女の子も来るんじゃねぇの?」という一言で、とたんにやる気になって一致団結した。

帰り道、大和らは、男たちがカツアゲしているところを目撃する。大和たちの制服を見た、その中の一人、郷田(松田悟志)は「誰でも入れるバカ銅学院」「あんな学校、面白くもなんともねぇだろ」とけなし、それに反論した6人を取り囲んだ。大和らは隙を突いて逃げ出したが、次の日、郷田が実は赤銅学院を卒業した手の付けられない不良で『伝説の番長』と呼ばれている男だと知り、大和たちは不安を隠せずにいた。

そして、大和たちの不安は的中する。3Dの松方たちが郷田たちにボコボコにされたのだ。クラスの仲間に手を出され、怒った大和たちは郷田たちと乱闘になってしまう。警察からの連絡で事態を重く見た理事長の赤城(江波杏子)は、3Dの生徒全員の赤銅祭の参加を認めず、自宅待機を命じて――。

第8話
2008年6月7日放送

久美子(仲間由紀恵)の昔の教え子・熊井(脇知弘)の妻・亜美(石原あつ美)の出産が近づいてきた。久美子は、すっかりおばあちゃん気分でベビーグッズなどを集めたり、おむつ交換の練習をしたりと、嬉しそう。放課後、緒方大和(髙木雄也)たちを連れて、熊井の店に行くと、熊井はお腹の大きな亜美を精一杯気遣っていた。

そんな中、神谷(三浦翔平)が合コンで知り合った子とデートすることになる。誘い続けて、ようやくもらったOKの返事に、神谷は舞い上がっていた。ところが、デートの最中、たちの悪い学校・荒高の生徒たちに絡まれる。仲間がいないと何もできないとからかわれた神谷は、怒って殴り掛かかっていく。しかし、逆に一方的に殴られ、怯えた彼女にも逃げられてしまった。

警察から学校に連絡が入り、母親の美沙子(宮崎美子)も学校に駆けつけた。美沙子は必死で頭を下げるが、神谷は「頭なんか下げてんじゃねぇよ」と辛く当たり、全く反省していない様子。苛立つ神谷は心配してやってきた大和たちにも「余計なお世話だ!どうせ俺は、喧嘩やっても勝てねぇ、女の子一人守れねぇ、情けない男だよ!」とはき捨て、飛び出していき――。

第9話
2008年6月14日放送

卒業後の進路について考える時期になったが、相変わらず3Dの生徒たちは進路の事など全く考えてなく、久美子(仲間由紀恵)はやれやれとため息。その上、村山(夕輝壽太)ら5人は遅刻や欠席が増えていた。

そんな中、校内にある創立者の銅像が夜になると歩くという『赤銅学院の怪伝説』の噂が広まった。緒方大和(髙木雄也)たち3D生徒は噂を確かめに夜の学校へ忍び込んだ。その頃、携帯を学校に忘れて、ビクビクしながら戻ってきた久美子が物音に振り向くと、銅像の顔が久美子の目の前に現れ、焦った久美子は銅像を投げ飛ばしてしまった。

なんと、久美子が投げ飛ばしたのは、名うての『学校荒らし』だったのだ。警察から表彰され、大喜びする久美子と3D生徒たち。そこへ最近、学校をサボっていた村山たちが入ってきて 「そんなのどうだっていい。ガキじゃねえんだから」 と水をさし、教室内は険悪なムードに…。そしてたちまち乱闘が始まってしまった。必死に止める久美子に村山たちは「どうせ卒業までのつきあいじゃねえか、仲間はほかにもいる」と出て行ってしまう。

村山らを学校に連れ戻したい久美子は、3Dの生徒たちにも協力してほしいと頼み込むが、生徒たちの間にはさめた空気が漂っていた。どうやら村山たちは、芝山(八神蓮)と言う不良たちと付き合っているようで、久美子は心配を募らせる。

一人、村山たちを説得しに向かう久美子の元に、大和と廉(三浦春馬)からクラスの全員が村山たちを呼び出したと連絡が入り――。

第10話
2008年6月21日放送

3Dでまたもケンカが勃発!!止めに入った久美子(仲間由紀恵)の強さに、改めて驚く生徒たち。緒方大和(髙木雄也)たちは、久美子の強さの秘密を突き止めようと放課後、尾行を計画する。

尾行に気付いた久美子は、『任侠集団・大江戸一家』であることを隠そうと必死になるが、大和たち6人は久美子の家に来てしまい、結局知られてしまった。てつ(金子賢)が「家のことがバレると、教師を続けられなくなってしまう、お前たちの胸にとどめといてほしい」と、生徒たちに頭を下ると、廉(三浦春馬)たちは「べつに、関係ないっすから、ヤンクミがいねぇと学校つまんねぇし」と素直に了解した。そして、龍一郎(宇津井健)らとともに、鍋を囲み、大和たちは家族の温かさを実感する。

その夜、大和が帰宅すると、父・達彦(名高達男)と母・加代子(床嶋佳子)が離婚届を前に口論していた。「大和はこの家の恥さらしだ。お前が甘やかすからだ」と加代子を責める達彦に、大和は、お袋は関係ないと詰め寄った。実は、大和は昔から父親と仲が悪く、優秀な兄貴と比べられ続け劣等感を抱いていたのだ。

翌日、大和と廉は、街で非行撲滅週間のパトロールをしていた達彦と出くわした。達彦は大和どころか、廉のことまでバカにし、怒った大和は思わず達彦を殴ってしまう。

苛立った大和が足早に歩いていると、不良たちが中学生をカツアゲしようとしていた。見かねた大和が止めに入ると、乱闘になってしまった。そして、不良のひとりが振り降ろした棒が仲間の頭を直撃し流血。大和は駆けつけた警察官に連行されてしまい――

第11話
2008年6月28日放送

夏休みが近づき久美子(仲間由紀恵)は、夏目(小泉孝太郎)とハワイに行く妄想を勝手に膨らませていた。3Dの生徒たちも、高校生活最後の夏休みの計画に盛り上がっていた。しかし、猿渡(生瀬勝久)は、問題ばかり起こす3Dを野放しにしないため、期末テストで赤点を取った生徒に、夏休み期間中補習授業を行うことを宣言。さらに「誰一人赤点を取らないなんてありない。もしそんなことが起きたら、逆立ちで町内一周してやる」と3Dを挑発する。怒った生徒たちは、「教頭の鼻あかしてやろうぜ!」とムキになり勉強を始めた。

そんなある日、緒方大和(髙木雄也)たちは路地から慌てて飛び出してきた男たちを見かけた。それは、文化祭の時に衝突した卒業生・郷田(松田悟志)とその仲間たちだった。郷田のただならぬ雰囲気が気になった大和たち。その予想は的中する。刑事が「昨夜強盗事件があった」と、大和たちを疑って話を聞きにやって来たのだ。大和たちは躊躇しつつも、郷田を見かけたことを話した。

翌日、郷田は大和たちが警察に目撃証言したことを逆恨みし、仲間を引き連れて赤銅学院に乗り込んできた。3Dの教室に乱入し、生徒たちを痛めつける郷田。不意打ちを食わされ怒りの収まらない生徒たちは仕返しを叫ぶが、久美子は「何の解決にもならない無意味な争いはするな」と生徒たちを諭した。

しかし、郷田は再び大和や廉(三浦春馬)たちを待ち伏せし、襲いかかってきた。大和たちは久美子との約束を守り、郷田たちにやられながらも仲間を助けようと防戦するが、殴られた廉が倒れた瞬間、積み上げられた資材が廉の上に崩れ落ち――。

卒業スペシャル
2009年3月28日放送

やっと、3D全員の就職や進学が決定し、久美子(仲間由紀恵)や生徒たちは、楽しかった学校生活を振り返り、全員そろっての卒業を楽しみにしていた。

しかし、その頃、2年生の間で高杉怜太(玉森裕太)を中心とした反抗的なグループができ問題になっていた。実は、怜太は緒方大和(髙木雄也)の幼なじみでタチの悪い荒高から転校してきたのだ。ある日、大和は怜太が荒高の卒業生と親しげに話している所を見かけ心配する。

そんな中、廉(三浦春馬)と倉木(桐山照史)の就職内定を取り消すと連絡が入る。久美子は2人をはげますが、苛立ちがおさまらない倉木は、怜太の挑発に思わず殴りかかってしまい、2D生徒たちと乱闘になってしまった。校内での乱闘騒ぎに、理事長の赤城(江波杏子)は、先に手を出した倉木たちだけを卒業式前日まで自宅謹慎とした。

謹慎処分が納得出来ない倉木、本城(石黒英雄)、神谷(三浦翔平)たちは、「2年なんか相手にして大人げねぇ」と言う生徒とにらみあい大喧嘩になってしまう。久美子がもうすぐ卒業式なんだぞと必死に止めるが、「卒業式ってそんなに大事か」「出なくたって卒業はできるだろ」と出ていってしまう。

卒業式目前に、3Dはクラスがバラバラになってしまい――

【出展】『ごくせん』番組公式サイト
www.ntv.co.jp/gokusen/static/story.html

 

ドラマ『ごくせん』出演者情報

【シリーズ1】

山口久美子…仲間由紀恵
沢田慎…松本潤

藤山静香…伊東美咲
猿渡五郎…生瀬勝久

内山春彦…小栗旬
南陽一…石垣佑磨
野田猛…成宮寛貴
熊井輝夫…脇知弘

白川権三…田山涼成
鷲尾寛治…斉藤暁
安藤治…なべおさみ
岩本康平…甲本雅裕
大山はじめ…大隈いちろう
柏木豊…坂田聡

朝倉てつ…金子賢
若松弘三…阿南健治
達川ミノル…内山信二
菅原誠…村田宏

川嶋菊乃…中澤裕子
篠原智也…沢村一樹
黒田龍一郎…宇津井健

【シリーズ2】

山口久美子…仲間由紀恵
小田切竜…亀梨和也
矢吹隼人…赤西仁

猿渡五郎…生瀬勝久
九條拓真…谷原章介
白鳥ひとみ…乙葉

土屋光…速水もこみち
武田啓太…小池徹平
日向浩介…小出恵介

犬塚太一…酒井敏也
亀山隆…モト冬樹
猪又真司…マギー
鰐淵小百合…池田有希子
熊井輝夫…脇知弘

朝倉てつ…金子賢
若松弘三…阿南健治
達川ミノル…内山信二
菅原誠…両國宏

馬場正義…東幹久
黒川銀治…井上順
黒田龍一郎…宇津井健

【シリーズ3】

山口久美子…仲間由紀恵
猿渡五郎…生瀬勝久

緒方大和…髙木雄也(Hey!Say!JUMP)
風間廉…三浦春馬
本城健吾…石黒英雄
市村力哉…中間淳太(関西ジャニーズJr.)
倉木悟…桐山照史(関西ジャニーズJr.)
神谷俊輔…三浦翔平

夏目誠一…小泉孝太郎
鷹野葵…平山あや
鮎川さくら…星野亜希

牛島豊作…佐藤二朗
鳩山康彦…魁三太郎
鶴岡圭介…石井康太
熊井輝夫…脇知弘
熊井亜美…石原あつ美

朝倉てつ…金子賢
若松弘三…阿南健治
達川ミノル…内山信二
菅原誠…両國宏

馬場正義…東幹久
赤城遼子…江波杏子
黒田龍一郎…宇津井健

【出展】『ごくせん』番組公式サイト
www.ntv.co.jp/gokusen1/index.html

小栗旬さんに、三浦春馬さん、松本潤さん等今やスタークラスの俳優陣が当時ゴロゴロ出演しています!

 

当時『ごくせん』は若手の登竜門みたいな存在になってますね!

 

『ごくせん』出演者の関連作品

『ごくせん』の出演者の関連作品記事もまとめておりますので宜しければチェックしてみてくださいね。

✅小栗旬

✅三浦春馬

✅佐藤次郎

 

ドラマ『ごくせん』に関するみんなの声

再放送待ってました!前回放送時、全話見ましたよ。あの時のときめきは忘れないです(笑)再放送とはいえ次回放送が待ちきれません!
不良がかっこいいとは思わないけど、こういうドラマ見ると不良も美化されてしまいますが、そうさせるくらい素晴らしいドラマです。
学園ドラマといえば私は『ごくせん』不良たちにイラついたこともあったけど人間味を忘れている現代社会に足りないものを得られる!
キャストが豪華!当時はそう思わなかったけど今振り返ればあのメンバーで番組構成できたのが本当に奇跡。

 

『ごくせん』原作マンガもある??

実は、テレビドラマのインパクトが強すぎる『ごくせん』ですが原作マンガがある事をご存知でしょうか?

 

ドラマのインパクトが強すぎてドラマで満足してしまっている方も正直多いと感じるのですが、原作マンガもよろしければチェックしてみてくださいね!

 

原作マンガは、U-NEXTで購入できます!

 

今なら3冊は無料で見られます!

 

【出展】U-NEXT

 

U-NEXTは初回登録から31日間は料金もかかりませんので、ついでに他の見放題の動画を見たり等などマンガを読む以外にも楽しめます!

 

今すぐ『ごくせん』のマンガを読もう!
31日以内の解約で規約金ナシ~
動画、電子書籍に使える600ポイント貰える!

 

まとめ

ここまで、ドラマ『ごくせん』を1話から最終話まで無料で視聴する為の方法とその解説についてお伝えしてきました!

 

出演者が豪華すぎて、再放送を見ると懐かしさばかりがよみがえってきます!

 

やっぱり過去作品ってサイコーだなと思う今日この頃!

 

再放送を見逃してしまった方も、久しぶりにもう一度見たい方も、再放送がきっかけでシリーズ1・2・3一気に見たくなっちゃった方も無料お試しのサービスを活用してお金をかけずドラマ『ごくせん』を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

今すぐ『ごくせん』の動画を視聴!
 レンタル中!
~30日以内の解約に違約金ナシ~

【第1話~最終話】全話レンタル中!!
タイトルとURLをコピーしました